Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

デスクワークが腰痛を引き起こす本当の原因はこれだった…

   



腰痛といえば昔はサラリーマンなど中年男性のイメージが強かったですが、女性の社会進出と共に女性の腰痛も増加していることをご存知ですか?


キャリアウーマンが増え、男女平等を目指すということはそれなりのリスクも伴うということですね。


そんな腰痛ですが、そもそも何故腰痛になるのかというメカニズムまでは分からない方が多いと思います。


そこで今回は腰痛の原因を詳しく知り、少しでも皆さんの腰痛改善に役立てればと思います!



スポンサーリンク


椅子に座り続けると何故腰痛になるの?



立ち仕事でも腰を使うので腰は痛くなります。


ですが、デスクワークという座りっぱなしの環境で何故腰が痛くなるのか不思議ですよね。


立ち仕事は頻繁に動いています。


ですが、デスクワークは座っていて体を動かしていません。


そのため血行が悪くなり、腰痛を引き起こす原因となるのです。


座りっぱなしということは筋肉が固くなるという事です。


筋肉が固くなったり、血流が悪くなるとお尻や腰回りに不必要な脂肪がつきやすくなります。


厄介なことに、腰回りについた脂肪はなかなか取れません。


特に女性は30歳近くなると代謝が落ちてなかなか痩せにくくなりますよね。


また、椅子と机の高さがあっていなかったり、パソコンに近付きすぎて猫背になり腰への負担を更に増加させている可能性もあります。


自分が仕事中にどのような姿勢なのか、正しい姿勢で座っているかなどを考えてみましょう。


また、女性に多いのが足を組むことです。


これは骨盤の歪みを引き起こし、腰痛の原因になるので良くないと言われています。


もちろん、骨盤の歪みは肥満の原因にもなると言われているので足を組みながら座ることは極力避けましょう!



スポンサーリンク


腰痛の予防法&改善法をご紹介!



ではどのようにすれば腰痛の予防や改善につながるのか。


それは30分~1時間ごとにこまめに立つことです。


体が長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなるので、こまめに動いて体の血流を良くしてあげましょう。


お手洗いに行く時などふくらはぎを伸ばすストレッチをすると腰の筋肉をほぐされ腰痛の予防になります。


ふくらはぎは第二の心臓とも言われるほど重要な筋肉なのです。


ふくらはぎをほぐすのは肩こりにも効くと言われています。


また、机と椅子の高さの関係も重要だと言われています。


椅子の高さは足の裏が床にピタリとつく程度にすると良いとされています。


猫背は腰痛のみならず、肩こりや頭痛も引き起こす原因となるので椅子と机の高さの調節は非常に大切になります。


もちろん会社でのちょっとした運動だけではなく、自宅でのケアも大切になります。


普段シャワーだけで終わらせていませんか?


しっかりと温かい湯船に浸かることは全身の筋肉をほぐし、血流を良くします。


ストレスや緊張もほぐれてデスクワークの腰痛の改善にもつながります。


ぬるめのお湯に15分~30分浸かるなどの半身浴で体を芯から温めてあげましょう。


半身浴の場合は肩を冷やさないように肩にタオルをかけながら入ることをオススメします。



スポンサーリンク


まとめ


「腰が痛い」なんて若い女性が言っていると「まだ若いのに」と言われてしまうことがありますよね。


でも性別も年齢も関係無いのです!


デジタル社会となった今では子供でも腰痛を訴える子供がいます。


もはや現代病にもなっている腰痛ですが病院や薬に頼らず自分で予防や改善が出来るなら是非試したいですよね。


普段の生活の中で一工夫するだけで改善につながります。


OLの間では腰痛はデスクワークの職業病とも言われています。


でも職業病なんて言葉で終わらせたくないですよね!


原因も分かったことですし、仕事中や昼休みなど5分でも良いのでストレッチをして体をリラックスさせてあげてくださいね。

スポンサーリンク

 - 健康

ゲームボーイズ