Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

太股ダイエット方法のコツ!鍛えるべき筋肉はここ!

      2015/06/11



太股の間に隙間がない、、、



太股が太くて、パンツが履けない、、
履けとしてもパンパンで見た目がよろしくない、、、



そんなお悩みを抱えていませんか?



はい、管理人、抱えてます笑



昔スポーツやってたんで、、、



なんて言い訳をしてみても、
昔の太股の質感と今の太股の質感では、
その差は歴然。。



当時は筋肉があるおかげで張っていましたが、
今はただ脂肪があって膨らんでいるだけ。。



これはまずい!


と思いましたので、自分用も兼ねて(笑)、
今回の記事は太股ダイエットについてです!



IMG_5514



まず、太股を太くしてしまいがちな悪い習慣として、
以下のようなものがあげられます。



・椅子に座るとき、無意識に膝を開いてしまっている

・脚の外側に体重をかけてしまう癖がある

・足に合っていない靴を履いて歩く

・大きめのスリッパを使用している




なぜこれらが太股を太くしてしまう原因になるかというと、
これらの行為は太股の内側の筋肉の弱まりを意味していたり、
太股の外側の筋肉ばかり日常使用している、
ということを表しているからなんです。


椅子に座るときに無意識に膝を開いてしまうのは、
太股の内側の筋肉が弱まっている証拠。


同じく脚の外側に体重をかけてしまうのも、
太股の内側が発達しておらず、
外側を筋肉を使ってしまっているという証。


そして足に合わない靴を履くことも、
大きめのスリッパを脱げないように気をつけながら履くことも、
太股の外側の筋肉を発達させてしまうことになります。



ちょっと待って、太股ダイエットを実践するには、
太股の筋肉をとにかく鍛えればいいんじゃないの??


っていう声が聞こえてきそうですが、
実は鍛える部位にもポイントがあるのです


太股は非常に大きな筋肉でまとわれており、
表側、裏側、内側、外側、と、
大きくわけることができます。


このうち、太股痩せ、
太股ダイエットに欠かせない部位が、
裏側と内側の筋肉であり、逆に大敵なのが、
表側と外側の筋肉になるのです。



ではまず、なぜ表側と外側の筋肉が
太股ダイエットの大敵になるのかについて。


それは、太股の表側、外側を鍛えると、
いわゆる筋肉隆々の、太く、外側に筋肉が張り出した、
サッカー選手のようなたくましい太股になってしまうから。


これではせっかく太股の筋肉を鍛えてあげたのに、
太股ダイエットとは反対の、
どちらかというと太い印象の太股となってしまうのです。


それとは反対に、
太股の裏側、内側の筋肉を鍛えてあげると、
太股の印象をスッキリさせることができるのです。



そのため、太股裏側、内側の筋肉、
その中でも有酸素運動に使われる
遅筋と呼ばれる種類の筋肉を鍛えてあげることで、
スッキリとした太股を手に入れることができるのです。


しかもこの遅筋のうれしいところは、
速筋と呼ばれるいわゆるダンベル運動などの
無酸素運動で使用される筋肉と比べ、
体脂肪を燃やす効果が2倍だというところ。


太股の遅筋を鍛えてあげることで、
スッキリとした太股ラインを手に入れられるだけでなく、
基礎代謝の高い太りにくい体も手に入れることができるのです♪



ではどうやってそれらの筋肉を鍛えればいいのか?



まずは内側の筋肉に関しては、
座りながら行うことのできる、
以下のエクササイズがオススメです♪








次に、裏側の筋肉。


太股の裏側、ハムストリングを鍛えるためには、
以下の運動がとても効果的です♪









いかがでしたでしょうか?



太股ダイエットを実現させ、
スッキリとした太股ラインを手に入れるためには、
闇雲に太股を鍛えればいいというわけではなく、
ポイントを絞って裏側と内側の筋肉を
鍛えてあげることが大事なんです。



太股は非常に大きな筋肉なため、
鍛えてあげることで基礎代謝もグッと上げることができます。


太股ダイエットを実践して、
スッキリとした太股ラインを手に入れるのと同時に、
太りにくい体も手に入れちゃいましょう♪




ではでは~☆

スポンサーリンク

 - ダイエット , , , , ,

ゲームボーイズ