Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

髪の毛のヘアカラーの悩み、色落ちを防ぐには?

      2015/05/09



髪の毛をヘアカラーして、ルンルン♪





でもしばらく経つと、、、、





あれっ?


あれれれれれれ????



なんだか色が違う。。




美容院で染めたときの色と、
今の色がまったく違うぞ!!!





なんでーーー???







っていうことになってしまった思い出ありませんか?




えぇ、管理人にはあります笑




お気に入りの色が、
色抜けによりあっという間に好みじゃない色に、、



結局まだ染めてからそんなに日数が経っていないのに、
ヘアカラーをやり直し、染め直しいなければいけない、
なんて悩みを幾度となく経験してきました。




これ、ヘアカラー代も馬鹿にならないし、
美容院で染めた色をできるだけ維持したいですよね?




今回は、どうすればお気に入りのヘアカラーを、
色落ちさせずに長持ちさせるのかということについて
書いてみたいと思います。




まず、そもそもヘアカラー後の髪の毛の、
色抜けを防ぐことができるのか、ということ。




これは、たくさんの美容師さんに確認しましたが、
結論から言うと、色落ちは防げない、ということみたいです。




これはもうどうしても避けられないことのようです。




例えば、髪は毎日様々な内的、外的要因にさらされ、
どうしても少しずつダメージを受けていってしまいます。




すると、開いたキューティクルから染料が流れ落ち、
ヘアカラーの退色が進んでしまうのです。



また、ダメージを受けた髪の毛には隙間があるため、
この隙間からも染料が流れ落ちやすくなってしまうのです。




こういったことから、色落ちさせずに、
美容院で染めたそのままの色を維持し続けるのは
とても困難なようなのです。




ただし、できるだけカラーを長持ちさせ、
染めたての艶髪を維持したり、

たとえ退色して色落ち、色抜けしてしまったとしても、
できるだけそれを感じさせないカラーの色味や
染め方があるようです。



それに、以下のことに気をつけることで、
ヘアカラーの色落ちを、退色を
最小限に食い止めることができるようですよ♪






▼日常使っているシャンプーを見直す

syanpu-




化学成分の配合されたシャンプーは、
洗浄力が強すぎることがあります。



特に、アルコール系(ラウレス硫酸など)が成分表に
書いてあるものは洗浄力が強いことが多いです。



カラーリング後で非常にデリケートになっている髪の毛に、
こういった洗浄力の強いシャンプーを使用することは
髪にダメージを与えることにつながり、

開いたキューティクル、痛んだ髪の毛の隙間から
カラーリングの色素が流出することにつながってしまいます。




そのため、カラーリング後の髪の毛は
アルカリに髪が傾きやすいので、

弱酸性やアミノ酸系の髪に優しいシャンプー、
またはカラー用シャンプーなど、

刺激の少ない低刺激なシャンプーを使い、
髪をゴシゴシと洗うのではなく、頭皮を洗うように、
優しく洗髪するようにしましょう。




また、カラーリングしたてのころには、
2回に1回はシャンプーを使わず、
お湯だけですすぐように洗い流すのも、
色落ちを防ぐ手段としておススメです。




また、シャンプーのときのお湯の温度にも気をつけましょう。

oyuondo




熱すぎるお湯は、ヘアカラーの退色を促進してしまいます。
温度が上がると髪は傷みやすく、色が抜けてしまうのです。


髪を洗う場合はややぬる目の温度、38度前後で洗ってあげると、
髪への負担を減らしてヘアカラーの退色を防ぐことができます。







▼紫外線に気をつける

shigaisen




意外と意識しないのが、
髪の毛への紫外線の影響。


実は、というか当たり前の話ですが、
肌と同様に、髪の毛にも紫外線は影響を与えます。


紫外線はカラーリングの染料やメラニン色素に影響を与え、
色素の構造を変化させてしまい、褪色してしまうのです。


長時間太陽の下で運動をするスポーツ選手の髪の毛が、
紫外線の影響で髪の表面の色が退色し、
明るくなってしまうのはこのためです。



せっかくキレイにカラーした髪の毛も、
紫外線にさらしっぱなしにしてしまうと
どんどん色が変わってしまうのです。



日傘などで紫外線から髪の毛を守るか、
もしくはモロッカンオイル、マカダミアオイルなど、
紫外線から髪の毛を守ってくれるオイルを
塗布するのもおススメです。








▼カラートリートメントを使用する

tori-tomennto




ヘアカラーの退色を防ぐ目的で販売されている、
カラートリートメントを使用するのも非常におススメ。



こういった商品には、
キューティクルの開きを防ぐコーティング効果があったり、

配合されている色素サプリによって色落ちや黄色みを
防いでくれる効果があったりします。




こうした商品を取り入れるだけで、
確実にヘアカラーの色持ち期間はグッと延ばすことができますよ♪






いかがでしょうか?



以上がヘアカラー後の髪の毛の色落ちを防ぐ、
普段からできるケア方法です。




ヘアカラーは費用もそれなりにしますし、
(何回言うんだっ!!っていう突っ込みはなしでお願いします笑)
やっぱりできるだけきれいな色を維持したいですよね。




普段のケアでキレイな色を保つことができるので、
是非皆さんも普段のヘアケアに取り入れてみてくださいね♪







ではでは~☆

スポンサーリンク

 - ヘアケア , , , , , ,

ゲームボーイズ