Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

日焼けしたい人必見!キレイに日焼けする方法

      2015/04/28



海外セレブのような健康的な小麦色の肌、
あんな風に日焼けをしたいっていう人も多いと思います。





確かに、キレイに日焼けした肌は健康的ですし、
活き活きと活発で健康的なイメージをもたらしてくれます。





miranda



ただし、気をつけなければいけないのが、
その日焼けの仕方。



一歩間違えると、色むらができてしまったり、
肌がひどいやけど状態になってしまったり、、
シミやそばかすなどの肌トラブルを作る
原因になってしまったり、、、



ひどいときには、健康的な小麦色の肌を手に入れるどころか、
ただ赤く腫れ上がり、皮がボロボロめくれて、
健康的とはかけ離れた肌状態になってしまうことも。。



日焼けするために必要な紫外線は、
同時に人体にとって有害なものでもあります。


だからこそ、正しい知識をもとに、
できる限り肌への負担を減らしながら日焼けすることが、
美肌のためには非常に重要になるのです。




ということで今回は、
正しい日焼けの方法をご紹介します。




【日焼け止めを正しく使う】

hiyakedome



まずはキレイな日焼けの基本中の基本、
日焼け止めを正しく使用しましょう。


うん?日焼けするのに日焼け止めを塗るの??


そう思われた方もいらっしゃるでしょう。


そうなんです。


これから小麦色の健康的な日焼け肌を手に入れよう、
という段階では、まずは日焼け止めを使用して、
肌を守りながら、肌への負担を減らすことが重要なのです。


いわゆるこれは「下焼き」といわれれる、
キレイな日焼けをするための準備段階の日焼けのこと。


日焼け止めを塗りながら日焼けをすることで、
紫外線を防ぎ、肌への負担を軽くしながら、
肌を日焼けに慣れさせていくのです。


この下焼きの過程をしっかり行うことで、
皮がめくれてしまったり、シミができたり、
肌が火傷のような炎症を起こすことを避けることができるのです。



ここでの注意点はひとつ。



日焼け止めをムラなく塗り、
塗り忘れのないようにすること。


手の届きにくいところや、首の後ろ側など、
普段あまり意識しない部分は、
ついつい日焼け止めを塗るのを忘れてしまうもの。


しかし、これらの場所の皮膚は、
デリケートな場所であることも多く、
紫外線によるダメージを大きく受けてしまう場所でもあります。


炎症を避け、キレイな日焼けをするためにも、
必ず日焼け止めの塗り忘れがないように気をつけましょう。






【一気に焼こうとしない】

62a0069a0520907105829d2b8cf45e28_s



早く健康的な小麦肌を手に入れたい!

そう考えて、一日に何時間も、
いきなり長時間日焼けをしようとする人がいます。


が、これは絶対にやめてください。


急激な日焼けは肌の炎症を引き起こし、
キレイな小麦色の肌どころか、最悪の場合やけどし、
醜くただれてしまった肌になってしまうことも。


いわゆるこれは「サンバーン」といわれるもので、
急激に強い日光を浴びてしまうことで、
皮膚表面の組織がヤケドして炎症してしまっている状態。


「サンバーン」状態の肌は、
メラニン色素がきれいに定着することができません。

それどころか、シミの原因になってしまうだけでなく、
皮膚癌になってしまう危険性すらあるのです。。。



キレイな日焼けのコツは、
少しずつ日光に肌を慣らしていき、
ゆっくり時間をかけて日焼けしていくことが重要です。


初日はほんの少しだけ、
2日目はもう少し長く、
3日目は2日目より長めに、、、


こういった感じで徐々に日焼けをすることが大切です。



さらに、日焼け初期段階の人におススメなのが、
日焼けを行う時間帯を選ぶこと。


紫外線がもっとも強い時間帯を避け、
できるだけまろやかに日焼けができる時間帯に日光浴すること。


具体的には、

・午前10時前まで
・午後3時以降


です。


一日のうちでもっとも紫外線が強くなるといわれている、
午前10時~午後3時までの日焼けは避けると良いでしょう。







以上、いかがでしたでしょうか?


注意点を守り、
少しずつ丁寧に日焼けを行っていくことで、
海外セレブのような健康的な小麦肌を手に入れましょう♪




あっ、最後に一つ。



当たり前ですが、肌は人それぞれ。


人それぞれ、肌が強かったり、弱かったり、
黒くなりやすかたり、なりにくかったりします。



なので、一概に情報を鵜呑みにするのではなく、
自分に合った日焼けプランを作るのも重要ですからね!






ではでは~☆

スポンサーリンク

 - 美肌・美容 ,

ゲームボーイズ