Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

若年性更年期障害(女性)症状・原因・ピルとの関係性は?川村ひかるが告白!

   

川村ひかるが若年性更年期障害だと告白

1

子宮内膜症を患っていることを告白されていたタレントの川村ひかるさんが、3月2日にフジテレビの「ノンストップ」に出演された際に、「若年性更年期障害」を患っていることをカミングアウトされました。



「若年性更年期障害」とはその名のとおり、通常であれば閉経を迎えた50歳前後の女性が悩まされることが多かった「更年期障害」の症状が、これまではあまり発症しないと思われていた若い方に「更年期障害」の症状が出るというものです。



他人事ではなく、今現在多くの女性が悩まされているこの「若年性更年期障害」。



「若年性更年期障害」とはどんな症状が出るのか、どういったことが原因で発症するのか、また、どうして川村ひかるさんが「若年性更年期障害」を患うようになったのかについて調べてみました。



スポンサーリンク


若年性更年期障害の症状・原因

nayami

まず、更年期障害の症状について。



更年期を迎えると女性ホルモンのエストロゲンを分泌する女性を女性たらしめる器官である卵巣の機能が徐々に衰えていきます。



そうすると、女性ホルモンエストロゲンの分泌が少なくなることで、脳からこのエストロゲンを、「エストロゲンが少なくなってきている!もっと卵巣はエストロゲンをもっと分泌しなさい!」という命令を出します。これが卵巣刺激ホルモンであり、卵巣のエストロゲン分泌機能が通常の状態であればこの刺激ホルモンによってエストロゲンが卵巣から分泌されます。



しかし、卵巣の機能が衰えてきている場合、いくらこの刺激ホルモンが脳から出されても、エストロゲンが分泌量が増えません。そうすると、脳はもっともっと刺激ホルモンを分泌することになるのです。



増え続ける卵巣刺激ホルモンと、一向に増えないエストロゲン。このギャップによってホルモンバランスの乱れが起こるのです。



このホルモンバランスの乱れにより、体が火照ったり、大量の汗をかいてしまったり、さらには川村ひかるさんが今回明かされたようにめまい、吐き気、頭痛、抜け毛などという症状も併発するのです。(症状には個人差があるようですが)



そのほかにもこんな症状が出るといわれています。


▼全身的な症状

ほてり(顔がほてる・ホットフラッシュ)
のぼせ(顔がのぼせる)
胸の痛み(乳房の痛み・動悸)
脈が早まる
多汗(大量の汗(顔から汗が止まらない)・スウェッティング)
めまい・ふらつき・耳鳴り
体がだるい(倦怠感)・疲れやすい
肥満(太る)
やせ
むくみ(むくむ)
頭痛・頭が重い
冷え
頻尿・尿もれ
抜け毛・薄毛




更年期障害の症状を完全に取り除くということは難しいですが、症状を少しでも改善するための方法もいくつかあります。



まずは食生活の見直し、さらにはストレスが強くなってしまうような環境の見直しです。



食生活についてはすべての病に通ずることですが、やはりバランスの良い食生活を送り、体の健康を維持できていないとどこかしらの器官に負担がかかってしまうことになります。



特に女性の場合は亜鉛が不足してしまうと、女性ホルモンの働きが悪くなってしまい、ホルモンバランスの乱れに拍車をかけることになってしまいます。



バランスの良い食事をしながら、亜鉛が不足しないようにも気をつけたいところです。



ストレスに関しては、特に若年性更年期障害を患う人に多いのですが、極度のストレスにさらされることでホルモンバランスが乱れてしまい、若年性更年期障害の症状を発症してしまう人がいるようです。



若いときは頑張らなきゃとか我慢しなくてはといった局面に多くぶつかったり、痩せてきれいになりたいと思うがあまり無理なダイエットをしたりしてしまう人が多いです。



これらが原因となって若年性更年期障害の症状が発症してしまうこともあるようです。



あまり頑張りすぎず、無理な食事制限などすぎず、エクササイズやヨガなど、自分なりのストレス発散方法などを持っておくことが重要です。



スポンサーリンク


川村ひかるが告白したピル服用との関係性・影響は?


「ノンストップ」に出演された際に川村ひかるさんは、ピルの服用をやめたときに「若年性更年期障害」の症状が出始めるようになったと告白されていました。



川村さんがピルの服用をやめたのは23歳ごろということですから(そもそもピルは子宮内膜症のために使用していた)、若年性の中でもかなり早い段階で書状が発症したといえます。



番組には西川史子先生も出演されていたのですが、西川先生は下記のようなコメントをされていました。



番組レギュラーの西川史子医師は「子宮内膜症のせいでホルモンバランスがおかしくなったり、またピルを服用していたということでいろんな影響が出るんですよね」と補足説明した。




ピルだけが原因となったわけではなく、もともと患っていた子宮内膜症との複合要因というのが今回の川村ひかるさんの若年性更年期障害発症要因のひとつのようですね。



ただ、現在は症状が収まっているということで、気持ちも前向きになっているということです。



なかなか周囲に理解してもらうのが難しい症状ですから、彼女の気持ちが痛いほどわかる方も多いのではないでしょうか。




関連記事:
阿藤快の病気 大動脈破裂胸腔内出血とは?症状と原因と予防法

中島美嘉は耳の病気?FNS歌謡祭&Mステでの歌唱力低下理由は?動画あり!

今井洋介の子供はどうなる?家族や彼女や親権は?心筋梗塞が死因!画像あり

松山幸次の死因は?太り気味の人が要注意の病気!お通夜・告別式の日程

白川澄子の死因は?心筋梗塞?声優出演作品まとめ!サザエさん中島君・ドラえもん出来杉君も!

スポンサーリンク

 - トレンド, 健康

ゲームボーイズ