Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

女性ホルモンを注射してバストアップって大丈夫?その副作用と価格について

      2015/05/27



女性ホルモンを注射して体内の女性ホルモン量を増やし、
バストアップ効果を狙う。




女性ホルモンには、バストアップ効果だけでなく、
肌荒れ改善などにも効果があるため、
女性ホルモン注射に興味を持っている人も多いはず。




よく聞くのが、
ニューハーフの方が女性ホルモンを注射して、
女性的なふくよかなラインの体を手に入れたり、


女性ホルモンを注射することで体毛が薄くなり、
胸を大きくなりバストアップしたという話。




男性ですら女性的な体を手に入れられるのですから、
女性が女性ホルモンを注射すればより


女性的で魅力的な体を手に入れられる、
そう考えている方もいらっしゃると思います。




素敵な体型を得られるというだけでなく、
そもそも女性ホルモンが不足すると引き起こされてしまう、

自律神経のバランスの乱れ、肌荒れ、
更年期障害などの様々な不快な症状、

これらの解決に対して女性ホルモンを補うことは、
効果的だとされているので、

バストアップに興味のない方でも、
女性ホルモン注射に興味をもたれている方も多いのではないでしょうか。




jyohoruinject





ただし、ここで考えなければいけないのが、
女性ホルモン注射による”副作用”です。




女性ホルモンそれ自体はもともと誰もが持っているものなので、
体に有害というわけではもちろんないですが、
やはり人工的にその総量を増やすということをすると、
そこには副作用がどうしても出てきてしまうのです。




一見いいことばかりのように見える女性ホルモン注射も、
個人差はあれど副作用という、
辛い症状が発生してしまいますので、
無条件に誰もが打てばいい、というものではありません。




下記に副作用の一部を掲載しますので、
まずはどんなものがあるのかを見てみてください。






・頭が痛くなる
・肝機能の障害
・嘔吐したくなる
・食欲がなくなる
・めまいを感じる
・体がむくんでしまう
・色素の沈着
・精神が不安定になる
・太りやすくなってしまう
・発疹が発生する
・乳癌や子宮がんの発症確立が上がる








いかがでしょうか?



中には決して見逃せない
副作用もあったのではないでしょうか?




更に、女性ホルモン注射はその費用も高めです。




基本的に医療用などの目的以外で
女性ホルモンを注射する場合、保険が利きません。




バストアップ効果など、美容を目的として注射をする場合、
美容外科、美容整形などの美容クリニックで行うことになります。




価格は場所によってまちまちですが、
大体高いところでは1万円ほどの値段となります。





また、注射はある程度継続して打つ必要があるため、
打つ本数×1万円、という形になります。




経済的にはそれなりの負担となる価格ですよね??





ところで、女性ホルモン注射が高いからといって、
自分で個人輸入をしたりして安く手に入れて、
医師や専門医のアドバイスもなしに注射をする人が
いますが、これは絶対に止めましょう!!!




専門医の監視の下注射をしても副作用があるくらいなのです。




素人が乏しい知識で女性ホルモン注射を打つと、
取り返しのつかない重病になってしまったりもします。




女性ホルモン注射をするにしても、
必ず専門家のところで施術を受けるようにしましょう。






ここまで読んでいただいてもお分かりいただけるように、
管理人個人としては、副作用のある
女性ホルモン注射に対しては、
あまりオススメしておりません。





確かにバストアップや肌荒れの改善など、
魅力的な部分もあるのは事実ですが、
それでも副作用が心配です。




女性ホルモンを人工的に体外から増やすのは、
大きなリスクを伴います。





だからこそ、まずは食生活やライフスタイル、
スキンケアなどを見直して、注射という方法ではなく、
健康的に魅力的になっていく道を
選んでみてはいかがでしょうか?




自分の努力で日々魅力的な自分に変化していく、
これを実感していく過程ほどワクワクして、
健康的にホルモンを分泌できる道は他にはないと
管理人は個人的に思っていますよ~笑






ではでは~☆

スポンサーリンク

 - 健康 , , , , , ,

ゲームボーイズ