Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

加工肉に発がん性がある理由!原因となる物質って何?

   

加工肉に発がん性があることが発覚


10月26日、衝撃的なニュースが発表されました。


WHOの名前で多くの人に知られている機関、
世界保健機関の傘下である、
IARCという名前のがんを専門に研究する組織、
国際がん研究機関が、


加工肉には発がん性があるということを発表したのです。


加工肉ってなんのこと?という方のために説明すると、
ソーセージやハム、さらにはベーコンなど、
食肉を加工して作られた製品のことを指します。


加工肉


つまり、私たちの日常生活に非常に根付いた商品であり、
毎日どこかの日本の食卓に必ず上がっているといっても
過言ではないほど、これらの加工肉製品は
私たちの生活に根付いています。


そんな商品に今回発がん性があるということがわかり、
多くの人の間で衝撃が走っています。


更に驚きなのが、これらの加工肉だけでなく、
通常の赤身肉、牛肉や豚肉、羊の肉などにも
発がん性があるということがIARCによって発表されたのです。


羊肉の毎日食べるという方は中々いらっしゃらないと思いますが、
牛肉や豚肉を食べないという方もまたいないと思います。


今回のIRCAの発表は、
そういったこともあって驚きをもって迎えられました。



スポンサーリンク


加工肉や赤身肉に発がん性があるとされた理由は?


では、加工肉や赤身肉のどこに発がん性物質があるのか、
発がん性物質があるとされる理由
について書いてみたいと思います。



22人の委員により構成される委員会が発足され、
彼らによって800件以上の疫学調査を、

様々な国籍の方や、民族の食生活を、
調査の結果に偏りが出ないように満遍なく調査し、
食生活により人体に出る影響を調べたそうです。



その結果、毎日加工肉を食べる一定量を、
50グラム増やすごとに、結腸癌になる相対リスクが、
なんと十八パーセントも上がるということがわかったのです。



これがどれくらい高い発がん性なのかというと、
タバコやアスベストと同じ程度の発がん性であるとされる、
「グループ1」と呼ばれるグループに分類されてしまうほど。


毎日の食卓に上がる食材が、
タバコやアスベストと同じくらいの発がん性グループに
分類されたと聞くと、一気にその危険性を感じれると思います。



一方、赤肉に関して言うと、
「おそらく」という曖昧な枕詞がつくものの、
それでも日常的に摂取する赤身肉を100グラム増やすごとに、
結腸癌になるリスクが17%上がるという調査結果が発表されたのです。



「おそらく」という表現になんとも曖昧さを感じずにはいられませんが、
それでもすい臓がんや前立腺がんになってしまう確率を
上げてしまうかもしれないという調査報告もあるようです。



スポンサーリンク


加工肉や赤身肉の発がん性物質はどうして発生する?


気になる加工肉や赤身肉に含まれる発がん性物質ですが、
これは肉の加工工程において発がん性物質が形成されるとされているようです。



例えば、塩漬けや、
ソーセージを作るときに多用される燻製といった加工方法が、
ニトロソ化合物や多環芳香族炭化水素といった
発がん性物質を形成するというデータがあります。


こちらのデータに関しては、
「おそらく」という曖昧なものではなく、
確かなデータとされているようです。



また、こういった加工肉を作る工程以外でも、
普通の赤身肉を調理する過程で例えば、
「焼く」「揚げる」といった私たちが日常的に行う調理方法でも、
高温で赤身肉を調理することで、
ヘテロサイクリック芳香族アミン、また、
既知の発がん性物質やその疑いがある物質が
形成されるとされているようです。



今回驚くの調査結果が発表されたわけですが、
この研究結果を踏まえ、イギリスのがん研究所では、
赤身肉及び加工肉の1日あたり摂取量を70グラム以下に抑えるべきだ、
という助言とともに、食生活の改善を勧めたということです。


igirisu



私たちの日常生活に非常に根付いてる食品であるため、
中々摂取量を一気に減らすことは難しいかもしれませんが、
それでも今回の調査結果を参考に、
摂取量を調整していく健康管理が必要になるかもしれません。



ではでは☆

スポンサーリンク

 - 健康 ,

ゲームボーイズ