Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

髪がパサパサ、、、原因と対策まとめ!

      2015/09/09


せっかくオシャレしたのに、
髪がパサパサでなんだか残念な印象に。。



髪のパサパサが気になって、しょうがない。。。



ヘアケア製品も使っているのになんでだろう、、



あなたはそんな悩みを抱えていませんか???



はい、実は管理人も同じ悩みを抱えていました。




髪のパサつきが気になるから、
色々なトリートメントを試してみたりしたのに、
相変わらずパサパサが改善されない。。



原因がわからなーーーーいぃっ!!!



、、っていう感じで悩んでいました。


nayami



当時の管理人は、
トリートメントを付けてさえいれば、
髪のパサつきは解決できると思い込んでいたんです。



でも、今ならわかります。



もちろんトリートメントなどのスペシャルケアを
してあげることも非常に重要なんですが、
日常的についついてやってしまっている、


美肌・美髪NG行動を一つずつ改善して、
基礎をしっかりしていかないと美しさは手に入らないのです。




問題の原因をしっかり把握し、
そもそも根本からトラブルの芽を摘んであげるのが、
美を維持することが美には大事なんですよね♪




ということで今回は、
ついついやってしまいがちの、
パサパサ髪を生む原因となるNG習慣と、
美髪を手に入れるための美習慣について書いてみますね^^



スポンサーリンク




パサパサの髪の毛になってしまう原因ですが、
恐らく皆さんもご存じであるように、
髪がダメージを受けてしまい、
キューティクルが剥がれてしまったり、
髪が細くなってしまっているときにパサついてしまいます。



髪にダメージを与えてしまうNG習慣には
以下の様なものがあります。





▼度重なるカラーリング、パーマ

ヘアカラーやパーマは髪に負担をかけます。

過度なヘアカラー、パーマは避け、一度これらを行ったのなら、
次のカラーリング、パーマまでできるだけ期間を空けましょう。


最低でも2か月は期間を空けることで、
髪へのダメージを最小限にすることができます。


ちなみに、できるだけ美容院でやってもらうようにしましょう。


美容院では髪へのダメージを最小限にするために、
ヘナなどの比較的髪の毛に優しいヘアカラー剤などを
使用しています。


逆に市販の毛染め剤やパーマ液は、
パッケージにどれだけ髪の毛に優しいと書いてあったとしても、
どうしても美容院での施術に比べ見劣りします。


一度チリチリ、パサパサになってしまった髪は、
なかなかもとに戻すことができません。


だからこそ、多少費用がかかったとしても、
髪へのダメージを最小限にするために
ヘアカラー、パーマなどは美容院で
やってもらうことをお勧めします。






▼雑なブラッシング

雑なブラッシングは髪のダメージの原因になります。


毛が絡まってしまっているのに無理やり引っ張ったり、
いきなり根元からブラッシングを始めるのはダメージのもと。


優しく丁寧に、まずは毛先のもつれをほぐすように、
シャンプー前などにブラッシングをしてあげましょう。


その際、あくまでのブラッシングの手順を守ること。


まずは毛先のもつれをほぐす。

そして次は髪の真ん中、次に根元、
最後の仕上げに根元から毛先に向け、
髪の流れに逆らわないように全体をブラッシングしましょう。


burasi



正しいブラッシングは、
髪のパサつきを防ぐためにとても有効です。


ブラッシングには頭皮の余分な角質を落とし、
髪に必要な皮脂の分泌を促してくれる効果があります。


さらに、髪の根元の皮脂を、
ブラッシングをすることで髪全体に広げ、
ツヤと潤いのある髪の毛を作ってくれます。


また、頭皮への適度な刺激が、
頭皮の血行の改善・促進につながり、
髪に栄養がしっかりと届くようにもなるのです♪



つまり、いいこと尽くしなのです!笑



豚毛など、
獣毛の天然毛を使ったブラシや木製の櫛など、
ブラッシングに適したブラッシング専用ブラシがあるので、
ご自分のお好みに合わせてそういったブラシを
使うことをおススメします☆






▼雑・過度なドライヤー

雑なドライヤーで髪を半渇き状態で放置することも、
過度なドライヤーで髪の水分を飛ばしてしまうことも、
髪のダメージにつながってしまいます。


ドライヤーを使うときは、
髪の毛と適度な距離を保ち近づけすぎない、
一か所に集中してドライヤーするのではなく、
まんべんなく熱が集中しないようにする、など、
髪のダメージに繋がらないように気をつけましょう。






▼髪の毛の栄養不足

髪の毛に十分な栄養が行き渡らなければ、
当然髪はパサパサになってしまいます。


まずは髪のもとであるタンパク質をしっかり摂取すること。


そして、タンパク質の代謝を助けてくれるビタミン群、
頭皮の健康維持や血管の詰まりを防止してくれる、
抗酸化栄養素であるビタミンA,C,Eを摂取を心がけましょう。


また、パサパサ髪改善に役立つ
海藻等に含まれるミネラル類も積極的に摂取しましょう。




スポンサーリンク




以上、


髪のパサつきの原因と、それを防ぐ方法


のご紹介でした。





こういった美髪の基礎要素をしっかり押さえた上で、
スペシャルケアであるオイルパックや
トリートメントをしてあげることで、
その効果を何倍も実感することができるようになりますよ♪




基礎がしっかりしている人はやっぱり美しいのです!




ド、ドーーーーン!!!!




、、、、、はい、肝に銘じさせていただきます。笑







ではでは~☆

スポンサーリンク

 - ヘアケア , , , , ,

ゲームボーイズ