Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

髪の毛をサラサラにする方法!日頃のお手入れで美髪を手に入れる!

      2015/05/02



誰もが憧れる髪の毛といえば、
潤いのあるサラサラの髪の毛でしょう。



美しさの象徴ともいえるほど、
髪の毛がサラサラだと魅力的な外見を保てます。



それに、髪の毛がサラサラな人は
自己管理ができている自立した人に見えるし、
清潔な印象を人に与えることができます。



9c1a0d668bf76bfea43c68d47a9a9c7f_s




とはいえ、中々手に入れにくいのがサラサラの髪の毛。



気づいたらボサボサになってたり、
チリチリになってたり、ウネウネになってたり、、、、





ぎゃーーーーーっ!!!!





って叫びたくなるくらい、
髪のコンディションが整わないとストレスになります。

そして、実際に絶叫したのが管理人になります爆&笑




さてさてそんなことはさておき、今回はそんな悩みを解決して、
サラサラ美髪を手に入れる方法について書いてみたいと思います。




サラサラ美髪を手に入れるには、
日頃のお手入れがかかせません。



そして、その一つ一つを丁寧にこだわりを持って行うことが、
サラサラ美髪を手に入れるのには近道なんです♪






あなたはシャンプーするとき、
ブラッシングをせずいきなりシャンプーしてませんか?


ブラッシングしたとしても、強引に引っ張ったり、
特に拘りもなく静電気の発生しやすい、
質のよくない櫛を使ってブラッシングしてませんか?



もし心当たりがあるなら、
ここから見直し、改善していきましょう。



シャンプー前には必ずしっかり丁寧にブラッシングを行うこと。


img60597495



ブラッシングをすることで、
髪に付着したホコリを落とせるだけでなく、
頭についている皮脂や老廃物などの汚れを浮かせ、
シャンプーだけでは落とせない汚れを除去できるようになります。



更に、頭皮の油分をブラッシングで髪全体に行き渡らせたり、
ブラッシングにより頭皮の血行をよくすることは、
サラサラとツヤのある髪作りに非常に効果的なんです。



さて、そんな大事なブラッシングですが、
使用する櫛に拘ることでより効果を高めることができます。



市販されている特にこだわりのない、
プラスチックやナイロン製の櫛は、
ブラッシングをする際に静電気を
発生させてしまうことが多いです。



静電気が発生することで髪がこすれ、
髪の毛にダメージを与えてしまう原因になってしまいます。



こういったブラシを使用するのではなく、
ブラッシング用に静電気の発生しにくい
木製の櫛や豚毛や猪毛といった
獣毛で作られたブラシなどを使うことで、
髪にダメージを与えることなく、
質の良いブラッシングを行うことができます。



たかが櫛、されど櫛。



毎日行うブラッシングだからこそ、
使用する道具にはこだわりましょう。



そのこだわりに見合うだけの効果が期待できますよ♪





そして、サラサラ髪を手に入れるために、
次にこだわりたいのがシャンプー。


97efe6e378dffe69156741524559a3fe_s




あなたは汚れを落としたいがために
ゴシゴシ洗ってしまっていませんか?



安いからという理由だけで化学薬品がたくさん使用された
シャンプーを毎日頭に塗布してしまっていませんか?



普段のシャンプーの方法、
さらにはシャンプー剤そのものを変えてあげることで、
サラサラの髪の毛に近づくことができます。




まずはシャンプーの仕方。



絶対に爪を立てて洗うのはやめましょう。



頭皮を傷つけてしまう原因になりますし、
ふけや痒みの原因になってしまうだけでなく、
頭皮の乾燥を招き、サラサラとは反対の
パサパサ髪になってしまいます。


必ず指の腹を使って優しく洗うようにしましょう。



注意点は理解した、
じゃあ早速シャンプーをつけて、、、、、





って、ちょっと待ったーーーーーっ!!!





いきなりシャンプーを使って頭を洗うのはやめましょう。



まずはしっかりとお湯を使った素洗いをしましょう。


お湯だけで大抵の汚れは落ちてしまいます。


ゴミや皮脂を落とせばシャンプーの泡立ちがよくなり、
必要以上に多くのシャンプー剤を使うことや、
シャンプーのすすぎ残し防止になります。




じゃあお湯で素洗いをしっかりした、
ってことでシャンプーを頭につけて、、、、、




って、ちょっと待ったーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!





シャンプー剤を直接頭につけるのは避けましょう。


直接頭皮にシャンプー剤がつくのはダメージのもとです。


しっかりと手のひらで泡立ててから、
後頭部から洗っていくようにしましょう。




シャンプー剤そのものも見直しましょう。



市販の化学製品がたくさん含まれた製品は、
洗浄力が強すぎることがあります。



洗浄力が強すぎると、
髪に必要な油分まで洗い流してしまうことにつながり、、
髪のパサつきや広がり、
さらには頭皮トラブルの原因になってしまうことも。



ノンシリコンシャンプーや、
髪の毛への優しさを兼ね揃えた
アミノ酸系のシャンプーを使うことで、
ハリやコシのあるサラサラな髪の毛を育むために必要な
頭皮環境を作ってあげるようにしましょう。





そして最後の仕上げのすすぎにもこだわりを。



たとえ髪の毛表面の泡がなくなったとしても、
実は頭皮にはシャンプー剤が残っていることがあります。




すすぎ残しは髪のダメージのもとです。



念入りにすすぎを行うようにしましょう。





そして次にトリートメント。


9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s



絶対に頭皮・地肌にトリートメント剤が
つかないように塗布しましょう。



ニキビや吹き出物の原因になってしまうこともあります。




頭皮へ剤が流れ落ちることを防ぐためにも、
トリートメントの髪の毛の浸透を助けるためにも、
シャンプー後一度軽くタオルドライをしてあげるのが理想です。



トリートメント成分がしっかりと髪の毛に浸透するように、
ダメージを受けやすい毛先を中心に、
揉み込むように髪の毛に塗布してあげるとよいでしょう。






最後はドライヤー作業。


5fb5515e78953c09abb8bc263279f579_s



これも、早く乾かしたいからといって高温で、
かつ髪の毛にすごく近づけて乾かすというのは絶対NG。


かといって、乾かすのが面倒だからといって
乾かさないのもこれまた絶対NG。



どちらもキューティクルの開き、剥がれ落ちを招き、
髪のダメージの原因になってしまいます。



ドライヤーをするときのコツは、
一点に集中しないようにこまめに動かしながら満遍なく、
そして、髪の毛と一定の距離を保ってかけるということ。


また、乾きやすい毛先からではなく、
乾きにくい根元から乾かしていくこともポイントです。




また、どれだけ気を使ったとしても
髪にダメージを与えかねないのがドライヤー。



極力髪のダメージを避けるために、
ドライヤー前に洗い流さないタイプのトリートメントを使ったり、
ドライヤー自体をマイナスイオンドライヤーなど、
髪への負担が少ないものに変えてあげることも
サラサラ髪を手に入れるためにはとても有効な手段です♪






以上がサラサラ髪を手に入れるための、
毎日のお手入れの基本です。




いかがでしたでしょうか?



当たり前のように毎日やっていることですが、
意外に意識できていなかったことが
たくさんあるんじゃないでしょうか?




細かいですが、日々こうした点に気を配り気をつけることで、
サラサラの髪の毛を手に入れることができますよ♪





いつもの合言葉、



美しさは基礎作業を大切に!!!




です。笑








ではでは~☆

スポンサーリンク

 - ヘアケア , , ,

ゲームボーイズ