Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

ストレスとニキビの深い関係

      2015/05/24



ストレスが溜まってくると、ニキビが増える。




心当たりがあるんじゃないでしょうか?




直接的にストレスだと認識していなくても、




例えば仕事が忙しくなってくると肌荒れしてしまう


過度な運動をし過ぎた後に肌荒れしてしまう


人間関係に疲れているときに肌荒れしてしまう





などなど、その原因を辿れば、
ストレスが原因になっていることがわかります。





このことからもわかるように、
実は肌荒れ、ニキビの発生と、
ストレスは深い関係があります。




stress





ではなぜストレスとニキビ、
肌荒れは深く関係しているのか?





それは、ストレスをため込んでしまうことが、
ホルモンバランスの乱れを招いてしまうからなのです。




そしてこのホルモンバランスの乱れは、
皮脂の過剰分泌を引き起こし、
さらにニキビ菌が増えやすくなります。




ニキビ菌は毛穴にたまった皮脂を栄養にして増えるので、
まさに悪循環に陥ってしまうというわけです。




人間は過剰なストレスを受けると、
脳の自律神経、内分泌を司る働きを持つ、
“視床下部”という場所に悪い影響がでます。




ストレスにより心身が緊張した状態になり、
自律神経において緊張状態をつかさどる、
“交感神経”が、リラックス状態をつかさどる、
“副交感神経”よりも優位になってしまうのです。




交感神経には男性ホルモンの分泌を
促進する作用があるため、その状態が続くと、
男性ホルモンの分泌量が増えてしまうのです。




交感神経優位の状態が続くと、
アンドロゲンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量、
さらにノルアドレナリンが増加してしまいます。




これらは共に皮脂の過剰分泌を引き起こす原因となります。



また、男性ホルモンは皮脂分泌量を増やすだけでなく、
角質を厚くしてしまうため、肌の新陳代謝が乱れ、
毛穴が詰まり、ニキビの発生や悪化を招いてしまうのです。




ストレスが続いてこういった状態が続いたりすると、
それに伴ってニキビの悪化が進んでいってしまうのです。





さらに、


肌にニキビがある


これ自体が大きなストレス源となり、
そのストレスでホルモンバランスがまた乱れていくという、
最悪の循環すら起こしえるのです。





ところで、自律神経がうまく働かなくなると、
肌・ニキビだけではなく、
心身ともに様々な不調が現れてしまいます。





こうしたことからも、
健康的で魅力的な生活を送るためには、
ストレスをため込まない生活を過ごすことが
非常に重要になってくるのです。






ストレスをため込まない生活といったって、


一体何をどうすればいいんだ??


という話になってくるのですが、
あまり深く考えずに、簡単なことから始めてみましょう。




karaoke



軽い運動、おいしい食事をバランス良く食べる、
カラオケで思いっきり歌ってみる、好きなことに没頭してみる、
お風呂にお気に入りの入浴剤を入れてみたり、
お気に入りのアロマを部屋に焚いてみる
、などなど。





こういった何気ないことでも、
ストレス発散には効果があります。




人によっては、様々なスキンケアを行うよりも、
まずは根本の問題であるストレスを発散して
あげるほうがニキビの治りが早い人もいるくらいです。





ストレスをため込まない、
肉体的にも精神的にも健康的な生活を
送るように心がけましょう♪





それでもどうしもうまくストレスから解放されない、
ニキビが治らないという方は、
ホルモンバランスの乱れに着目した化粧品もありますので、
そういったものを使ってみるのもおススメですよ!






ではでは~☆

スポンサーリンク

 - 美肌・美容 , , , , , ,

ゲームボーイズ