Be attractive!! ~内側も外側も美しく♪~

Be attractive!! 内側も外側も美しくなることで魅力的な人になる!をコンセプトに、健康に良いこと、美容に良いことを紹介するブログ。簡単健康法、簡単美容法など、お肌に良いこともご紹介

*

運動の後、頭が痛い!?原因と予防策

      2015/09/07


運動した後に頭が痛くなる。。



若いときは運動後に頭が痛くなることなんてなかったのに、
なんだか大人になってから、
運動をした後に頭が痛くなることが多くなったような、、、



そんな経験ないでしょうか?



最初はなんとなく気のせいかな~、
と思っていたけど、どうも毎回なるような。。。



管理人の場合、
普段の軽いエクササイズの時には
頭は痛くならないけど、

フルマラソンに向けた長距離トレーニングや、
フットサルとかバトミントンとか、

少し頑張って運動したな~って時は、
必ずその後に頭が痛くなってしまっていました。。



本当に頭がズキンズキンして、

二日酔いでもこんなに頭痛くならないよーー!!

っていうくらい頭が痛くなってしまって、
本当に困っていました。。



原因も予防策わからず、
(まぁ激しい運動に関係するんだろうなくらい)
もうなんだか頭痛が怖くて
運動できない、みたいな感覚。。



せっかく健康のためにも、
ストレス発散のためにも運動をしているのに、
運動後の頭痛がストレスになってはもともこもありません。



そのため、管理人は原因とその予防策を
しっかり調べて、その結果、

今ではあの運動後の、
二日酔いよりもひどいあのズキンズキンする頭痛に
悩まされることもなくなりました。



きっと大人な皆さんにも、
管理人と同じような経験があるはず!、、と思い、

今回は、そんな運動の後に頭が痛くなってしまう問題の、
原因とその予防策について書いてみたいと思います。



zutsu



まず、この運動後に起こる頭痛、
または運動時に頭が痛くなってしまうことを、
「一次性労作性頭痛」といいます。


この一次性労作性頭痛ですが、
運動のレベル、または個人差によって、

頭が痛くなり始めてから
5分程度で収まる場合もあれば、

24時間以上ズキンズキンと
頭が痛くなってしまう人もいます。


その多くは運動中というよりも運動後、
運動後直後というよりも1時間後あたりで、
頭が痛くなり始める人が多いようです。


ただ、人によっては運動後、
6時間程度たった後に発症することもあるので、

突然の頭痛に焦るのではなく、
まずは自分が頭が痛くなる前に
激しめの運動をしていなかったかなど、

その頭痛の原因となるものは何か、
思い出してみるとよいでしょう。


もちろん一次性労作性頭痛ではない、
他の原因により頭痛が発生してしまっている場合もあるので、
その時は原因がわからないときは
早めに医師の診断を仰いだ方がよいです。


実はこの一次性労作性頭痛、
激しい運動後に発症することはわかっているのですが、
そのはっきりとした原因と予防策は、
わかっていない、というのが現状の様です。


ただし、原因としての有力説は既にあり、

慣れない(普段あまりしていない強度の運動)運動により、
身体が酸素不足となってしまい、

血中の酸素濃度低下を補うため
動脈が拡張することが原因


といわれています。


酸素不足を解消するために、
血流量を増やすために動脈が拡張するのですが、

この拡張が頭の周囲の血管まで及んでしまうため、
血管の周りの神経を刺激してしまい、
炎症が発生することで頭が痛くなってしまうのではないか、

というわけなのです。

片頭痛と同じ仕組みといえます。

スポンサーリンク



慣れない運動、激しい運動をしているときって、
息がすごい上がってしまいますよね?


普段からこういった運動に慣れている人は、
筋肉だけでなく心肺機能も同等に鍛えられているので、
こういった状況でも酸素を
うまく取り込むことができるのですが、


慣れていない人は息が上がるばかりで、
実はしっかりと酸素を体内に取り込めていないために、
身体が酸素不足となってしまい、

これが原因で、
一次性労作性頭痛になってしまう、
というわけなんです。


ha-dowork


さて、そんな一次性労作性頭痛の
予防策ですが、やはり原因に基づき、

慣れない激しい運動はいきなりしない

もしくは

慣れない運動をするときは
適宜しっかり休憩をとる



これらが予防策としてピッタリです。



繰り返しになりますが、
慣れない運動をしているときは、
気づかぬうちに自分の体に負担が
かなりかかっているのです。


いきなり重たいウェイトトレーニングをしようとしたら、
大抵の人が息を止めてしまったりして、
酸素をまったく吸えていなかったりしますからね。


なので、身体を徐々に運動強度に慣らしていく、
また、運動時に、水分補給の時間を適宜取り、

それだけではなく、

塩分・糖分という、
運動時に失われやすい栄養素を補給してあげる
時間をしっかりと取る。



これらの予防策をしてあげることで、
一次性労作性頭痛になってしまう可能性を
グッと下げることができるでしょう。


特に、一次性労作性頭痛の場合、
同じ強度の運動を2~3ヶ月して、

身体がその運動強度に慣れてくると、
運動後に一次性労作性頭痛に
ならなくなることが多いと言われています。


そのため、いかに身体を慣らしてあげること、
(もちろんいきなりではなく徐々に)
これが予防策としてはピッタリなのです。


スポンサーリンク



いかがでしょうか?



運動後に頭が痛くなってしまっていた方、
心当たりがあったのではないでしょうか?



昔はこんなことなかったのにな、
と悲しくなってしまうかもしれませんが、

身体を慣らしてあげれば、
運動後に頭が痛くなることも
最大限減らすことができるのです♪



かくいう管理人も、
毎日の生活に少しずつ運動習慣を
入れていったことによって、

運動後に頭が痛くなってしまうことも
めっきりなくなりましたよ♪


原因と予防策を理解して、
皆さんも頭痛のない健康的な
運動ライフを手に入れてくださいね!




ではでは~☆

スポンサーリンク

 - 健康 , , , , ,

ゲームボーイズ